末吉秀太のソロ曲の作曲者の不正行為についてファンはどう思うか

末吉秀太のソロ曲の作曲者の不正行為についてファンはどう思うか
↑のボタンからダウンロードできます。 購入後ダイレクトでリンクに案内するので、メール登録などは一切不要!   就活生なら誰もが利用することになるウェブテスト解答集。東大生ですら使っているツールなので、解答集を持っていない者が損をするのが現実。他社で6000円で売られている物を筆者が入手し、自身の就活中に改良を重ねた完全版を3000円で提供します。

末吉秀太のソロ活動

1986年12月11日(31歳)AAAのダンサー兼ボーカルです。

2017年に初のソロ楽曲「Switch/sad story/to.ri.ca.go」の3楽曲を配信しました。

その中の「Switch」がiTunesデイリーチャートで1位を獲得しました。

2018年にソロアルバムとソロツアーを開催しました。

末吉秀太のソロLIVEの様子は?

2018年に初となるソロツアーである「JACK IN THE BOX」が様々な都市で公演されました。

そのツアーには、AAAのメンバーも訪れそれぞれメンバーがSNS上で、報告していました。

ソロツアーは、末吉秀太さんの世界観が存分に含まれており、末吉秀太の世界観に引き込まれるLIVEになっていました。

末吉秀太さんは「より良いライブをファンの皆さんに届けたいという思いから、舞台の美術一つひとつにまでこだわって

ステージセットを作らせてもらった」と話していました。

ツアーは圧巻のパフォーマンスを披露し、ファンを魅了しました。

末吉秀太のソロ曲の作曲者の不正行為について

末吉秀太さんのソロツアーは成功したように思えますが、一つ問題が起こりました。

末吉秀太さんがこのソロツアーの間に新曲が完成し、「M.A.K.E」という曲を披露しファンが大いに盛り上がった

のですが、この曲を作曲した作曲者の不正行為があったという衝撃なニュースが流れました。

調査したところ、作曲者の大森和氏さんの「八月のレイニー」という曲の音源を、自分の作品だとして提出したことが

わかりました。

作曲者の大森和氏さんを応援しているファンからは、

「こんな形で有名になってほしくなかった。」や「こういう形で大森和氏さんの名前が広まってほしくま

末吉秀太さんはこの件について

「いつも応援してくださっている皆さん、関係者の皆さん、この度は心配をかけて本当に申し訳ありません。

今回、実際にこのような事態が起こってしまって俺自身も驚いたし、正直とても残念な気持ちです。」

「作品ひとつひとつに対する思い、姿勢はこれからも変わらないので、引き続き応援していただけたら嬉しいです。

今後も納得のいく作品づくり、そしてパフォーマンスができるように、前を向いて頑張ります。」とコメントしています。

ファンも悲しいかったと思いますが、一番は末吉秀太さんが悲しんでいると思いました。

ファンからは、応援するコメントがたくさんありました。

これからもソロとして頑張っほしいです。

 

 

↑のボタンからダウンロードできます。 購入後ダイレクトでリンクに案内するので、メール登録などは一切不要!   就活生なら誰もが利用することになるウェブテスト解答集。東大生ですら使っているツールなので、解答集を持っていない者が損をするのが現実。他社で6000円で売られている物を筆者が入手し、自身の就活中に改良を重ねた完全版を3000円で提供します。