帰国子女の就活:うまく行く人と行かない人の違いは?

帰国子女の就活:うまく行く人と行かない人の違いは?

「帰国子女は就活楽勝だよね?」

 

「帰国子女は良いところ行けて良いよな」

 

大学で純ジャパの学生と話していると「帰国子女は就活に強い」という風潮があることを感じませんか?

 

確かに英語が話せたり語学力の面ではアドバンテージがあるように見えるかもしれませんが、

 

当の本人たちからすると「帰国子女が就活強い」という実感がわかないのもまた事実です。

 

就活が上手くいく帰国子女とそうでない人の差はなに?

 

私も某大学の国際教養学部に在籍しており、自分も含め帰国子女しかいない環境に身を置いていますが、

 

割とみんな良いところに就職が決まっているイメージです。

 

ただ、あまり上手くいっていない人がいるのも事実。その差はどこにあるのか?

 

自分が思う「就活がうまくいく帰国子女」と「就活がうまくいかない帰国子女」の差を分析して見ました。

 

「語学力」に対する認識

 

語学力を「スキル」として認識している人と、「ツール」として認識している人でまず差が開いている印象です。

 

具体的なエピソードを交えて説明すると、面接の自己PRで

 

前者は「私は英語をネイティブレベルで話すことができます」と言うのに対し、後者は「私は語学力を生かしてインターンで、多国籍チームを上手くまとめました」と言います。(あくまで例です)。

 

前者は「英語が話せること」をアピールしているのに対して、後者は「英語を使ってなにをしたか」をアピールしています。

 

正直今の日本では、昔よりも英語を話すことができる日本人が多く、「英語が話せること自体」はあまりアピールポイントにはなりません。

 

そもそも日本の就活はポテンシャル採用が主流で、語学力などのハードスキルではなく対人能力などのソフトスキルを評価します。学生時代に勉強した知識や語学が仕事でそのまま応用されることは殆どありません。それよりも勉強や課外活動を通じた「人となり」の方が企業からしたらよっぽど重要なわけです。

 

なので英語をスキルとして認識している学生は「いきなりアウト」です。面接で英語をアピールするような「英語バカ」には絶対ならないように気をつけましょう。

 

「帰国子女のアドバンテージ」をガクチカで生かしきれているか

 

学生時代に頑張ったことに「帰国子女のアドバンテージ」を生かしきれていない人は面接で落ちます。

 

ある企業のグループ面接を受けた時、

 

自己紹介で「私はアメリカで生まれ、4カ国を渡り歩いて来ました」と言う帰国子女に遭遇しました。

 

おお、帰国子女だ。と思って聞いていたら、

 

学生時代に頑張ったことで「ラーメン屋のアルバイトで回転率をあげ、売上アップに貢献しました。」とか言っていました。笑

 

そもそもラーメン屋のアルバイトが売り上げを上げる話が絶対嘘ですし、自己紹介での「帰国子女アピール」が全く生かされていません。

 

第三者として聞いていて思ったのですが、自己紹介で「帰国子女アピール」をすると良くも悪くも印象に残ります。

 

やはり帰国子女は特別な存在で、聞き手からすると「おおっ、出たな」と身構えてしまいます。笑

 

なので相手の予想に見合ったパフォーマンスをしないと、普通の学生以上にマイナスイメージを抱かせてしまいます。

 

自分が帰国子女なのは履歴書で絶対にバレます。そのためガクチカもそれなりに自分のバックグラウンドを最大限生かしたエピソードを準備する必要があります。

 

誰もが「さすが帰国子女!」と思うようなエピソードを準備できるかどうか?でだいぶ明暗が分かれる気がします。

 

※もちろん平凡なエピソードで受かる人もいます。ただ相手の期待に見合ったパフォーマンスをすることを心がけましょう!

 

日本語力

 

これも大きいです。

 

日本語が不自由な人、いわゆる「セミリンガル」は絶対に落ちます。

 

まぁ絶対落ちる。と言うのは言い過ぎかもしれませんが、

 

日本語の語彙、文法を正しく使いこなせない人は「教養のない人」と見なされてしまう可能性が高いです。

 

帰国子女だと常にバイリンガルな環境に身をおいていると、中途半端な日本語でも周りが言おうとしていることを理解してくれます。

 

そのせいで正しくない日本語が身に付いてしまい、いざ大切な場面でも治すことができません。

 

そもそも自分が変な日本語を使っていることを自覚していない・それをヤバいと思っていない人もいるので、

 

そう言う人はいくら英語が話せても人事にいい印象を与えることができません。

 

英語以外の強み

これも大事ですね。

 

あなたの強みはなんですか?と言われたときに「英語」以外の武器をいくつ出せるか。

 

リーダーシップx英語力xウェブマーケティングの知識x…などなど

 

このように大学生活のうちにどれだけのスキルを積み重ねられるかも就活で大事です。

 

先ほど「新卒採用はスキル重視ではない」みたいなことを書いて矛盾してね?と思うかもしれませんが、

 

新しいことに意欲的にチャレンジし、自分を磨いていく姿勢は必ず評価されます。

 

なので自分が語学力以外にどう言う経験を積んで、どう言うスキルを得て来たかをしっかり説明できるようにしましょう。

 

「帰国子女」を生かすも殺すもあなた次第!

 

ここまで書いて来ましたが、

 

「帰国子女」と言う個性を生かすも殺すもあなた次第。と言うことです。

 

帰国子女というバックグラウンドを他者視点で客観視し、どういうアピールの仕方が一番有効かを考えて就活に臨んでください!